夏休みも近づきそろそろ計画を立案中の事と思います。
そこで今回のメンテナンスはタイヤです。
最近タイヤのチェックしましたか?
モーターホーム・キャンピングカーは乗用車に比べ車両重量が重くタイヤは重要なチェック項目の一つです。
しかし毎日のように乗らないモーターホームやキャンピングカーは以外と見落としがちです。

空気圧・摩耗はもちろんのこと、異物や変摩耗がある場合は出先でのトラブルの原因にもなります。
特にタイヤウオール(側面)に、細かなひび割れがでている場合は要注意です。
走行距離が少ない車や、年数経過(納車後)が少なくても出てしまうケースもあり、
駐車場に止めっぱなししている車に出やすい傾向があります。
これは、ゴムの硬化によるもので年間利用の少ない車(動いていない車)程出やすいようです。
タイヤの摩耗を気にするお客様は多いですが、この症状はなかなか気づかれる方が少なく
気づいたとしてもタイヤの摩耗が少ない場合、「交換したくない衝動に駆られてしまいます」
しかし、これはタイヤにとっては非常に危険なサインであり、弊社ではこのような状態を見つけた場合にはすぐに交換をお勧めしています。
これからの季節は、気温の上昇と共に路面温度も上がっていきますので、この症状が出ている場合バーストを起こしてしまう危険性があります。

以下のような方は要チェックです。
○タイヤのチェックを全くしていない方
○車検前の方または車検を受けてから1年以上が経っている
○年間利用回数が少ない方
○今年まだ、一度も利用していない方
○納車後タイヤ交換を一度もしていない又は交換後2年以上経っている

出先でのトラブルはどんなケースでも困るものですが、特にタイヤにトラブルが出てしまっては
動きがとれなくなってしまう場合が多いので、是非点検してください。
また、スペアタイヤの点検(空気圧)も見落としがちです。
万が一、バーストやパンクを起こしてしまた場合当然スペアタイヤへ交換をしますが、その肝心なスペアタイヤの空気が減っていた又は入っていなかったなんて例もあります。
念のため上記と合わせて点検した方が良いでしょう